体力には自信がある人

それなりに体を使う可能性

工場での仕事といえばかつては3Kとも言われ、きつい汚い危険とされていました。ただそんな労働環境だと従業員が集まらないので、都市部の工場などは主婦などでも働けるよう職場環境が改善されているようです。汚いや危険に関しては地方にある期間工を中心に採用する工場でも改善をしていますが、きつい仕事に関してはそれなりに残っています。ですから期間工に応募するのであればそれなりに体を使う仕事が与えられると思っておいた方が良いでしょう。もちろん無理な仕事をさせられるわけではなく、採用が決まればある程度の仕事内容は教えてもらえます。都市部で楽な作業の経験がある人は大分仕事内容が異なるかもしれないので、注意した方が良いでしょう。

持病などが無いかを確認

短期間でしっかり稼げる仕事として期間工があり、地方などにある工場に住み込みで働けます。若い男性であれば問題なくこなせるでしょうから気にする必要はないですが、女性や中高年の男性が応募しようとするときは自分自身の体力を再確認した方が良いかもしれません。工場では物の生産を行っていますが、計算している作業員が休むと生産計画が狂うため困るでしょう。作業自体はそれほど大変でなくても毎日休まずしっかりと勤務する必要があり、採用側もその点をチェックして採用者を決めます。中高年ぐらいになると内臓に持病があったり腰痛などが出てくるときもあり、休みながらでないと仕事ができない人もいるはずです。自分の体力に合った仕事かどうかを考えて応募しましょう。