単調な作業が苦にならない人

期間工は単純作業の繰り返し

求人情報をチェックしていると「期間工」という言葉を目にする機会も多いのではないでしょうか。期間工はアルバイトなどと比べると給料もいいですし、大企業が募集していることがほとんどなので福利厚生もそれなりに充実しているため魅力的ではありますが、人を選ぶ働き方でもあるため、向いていない人が働き始めるとすぐに嫌になって辞めたくなってしまうでしょう。どういう人が期間工に向いているのかというと、それはズバリ単純作業が苦にならない人です。期間工というのは永年的に雇用するという立場の人ではないため、企業側もそれほど難しい作業を任せることはありません。だいたいどんな人でも1日ないし2日でマスターできるものばかりです。そんな仕事を雇用期間中ずっとし続けることになるので忍耐力は求められるでしょう。

集中力のある人でなければ続かない

しかし単純作業だからといって適当にやっていれば良いというわけではありません。期間工は単純作業ではありますが、高速ラインでは秒単位で作業をしなければいけないですし、ライン上で作業する際にはラインの流れを止めないようにしなければいけません。それでいて当然正確性も求められます。与えられた作業が正確におこなえていないと結果的にラインの流れをストップさせることになって生産効率は大幅に落ち込んでしまいます。たとえ期間限定でその現場に勤めている立場だとしても、その工場の製造工程の1つを任されているという責任感を持ちながら仕事をこなせる人が期間工には向いているといえるでしょう。仕事を続けるにはそれなりに守らなければいけないことがありますが、ルールさえ守っていれば短期間でまとまったお金を稼ぐことができます。