期間工とは、自動車工場などで限られた期間働く労働者のことです。無料の求人雑誌などによく掲載されていますが、給料の高さから働きたいと考える人もいるのではないでしょうか。ここでは、期間工の特徴や向いている人についてお伝えしていきます。

期間工の特徴

期間工の仕事内容について詳しく知ってる人は少ないのではないでしょうか。もし求人に応募する予定であれば、あらかじめ知っておいた方が良いでしょう。ここでは、仕事内容や待遇、満了後の再雇用の可能性についてお伝えしていきます。

期間工の仕事内容

期間工の仕事内容は、勤務先の業種によって大きく異なります。たとえば、製造業の工場においては、電子部品や自動車部品などの組み立て作業が中心となり、単純労働ではあるものの丁寧かつ正確に仕事をこなすうえ…

Read more

期間工は好待遇!

若い頃は接客業のアルバイトをよくしてきたものの、年を取ってからサービス業の面接に通りにくくなったという人は少なくないでしょう。やはり、ウエイターやウエイトレスのような客と直接接する職種は、年配の人…

Read more

満了後は再雇用してもらえる?

期間工は、一般的に三か月から一年ほどの雇用期間が設定されており、勤務成績や出勤日数によっては、契約満了後も引き続き再雇用してもらえるケースも少なくありません。再雇用の有無にこだわって期間工の仕事を…

Read more

>

期間工ならフリーターや未経験者も働きやすい!

期間工に向いている人とは?

せっかく期間工の求人に応募して採用されても、仕事の適性がなく、すぐに辞めてしまったらもったいないですよね。そこで、ここでは期間工に向いている人について紹介していきます。応募する前に、自分は向いているのかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか?

体力には自信がある人

単調な作業が苦にならない人

作業をより効率良く進めるために工夫できる人

受け身ではなく積極性が大事

期間工の仕事内容は会社によって様々ですが、基本的には量産体制における人員増加が目的です。いかに早く物を製造できるかが鍵で、スピード勝負とも言えます。24時間稼働させて交代で働くケースが多く、緊張感のある空気の中で働きます。期間工はその名の通りずっと雇用される訳ではなく期間限定です。期間限定なので難しい仕事は任されないですし、誰でもできるような作業を黙々と行います。このような状況なので、つい受け身になってしまって指示された範囲内だけで動く人も多いです。ただ、現場を指揮する人も全てに目が行き届く訳ではないですし、自分の仕事と同時に期間工の管理をしなければいけないので大変です。受け身ではなく、現場を助けるという姿勢が大切です。

効率を求めることで自分も楽になる

期間工には、ある程度求められる仕事の量が決められます。作業効率が悪ければ当然叱責されますし、何日も改善が見られなければ解雇される可能性も否定できません。解雇など極端な状況にならなくても、自分の作業が遅ければ周囲のメンバーに迷惑がかかります。期間限定とは言えど、周囲との人間関係が悪くなれば精神的ストレスも溜まってパフォーマンスにも影響します。逆に効率を常に求めながら仕事をすることで、自分の仕事が早く終わるだけでなく周囲のサポートも可能です。周囲を助けるような働きができれば信頼されますし、体力的には大変ですが精神的に充実します。また、期間工から正社員になるという道もあるので、これを目指す場合は働きぶりが大切です。